AGAなど薄毛問題のソリューション|早め解決のキーポイント

男性

放置しないで解決

薄毛

AGA男性型脱毛症は進行性の症状なので、何もせず放っておくと抜け毛が増えます。「髪の毛が薄くなってきた」と感じた方は、専門のクリニックで診てもらいましょう。早めの発見と早めの治療が、抜け毛や薄毛の進行を遅くする手段です。

Read More

薄毛コンプレックス

薄毛

男性を中心に悩んでいる人が多い薄毛の問題は皮膚科での薄毛治療を受けるという人が増えています。皮膚科で治療を受けることによって、短期間でなおかつ確実な治療をすることが出来るために良いと言われています。

Read More

気軽に治療する

薄毛

皮膚科で脱毛することは一般的になってきています。有効な治療薬が開発されており、発毛を専門とする皮膚科だからこそできる治療法を受けることができます。発毛のチャンスを逃さないためにも、積極的に皮膚科を利用しましょう。

Read More

直接的に生やす

AGAの悩みは知識を身につけることで解消できます。最適な治療方法へのアプローチを行なうためにもしっかりと調べておきましょう。

育毛剤では得られない直接的な効果

薄毛

薄毛対策といえば、多くの人が思い浮かべるのがいわゆる育毛です。育毛とは育毛剤を使ったり頭皮をマッサージするなどして発毛を促すことですが、実際に毛が生えてくるかどうかは続けてみないと分からないという、いわば間接的な対策です。 一方、もっと直接的なかたちで毛を増やしてしまおうという対策もあります。それが植毛です。植毛とはその名の通り毛のないところに毛を植えることでハゲ・薄毛状態を解消するというものです。 植毛には自毛植毛と人工毛植毛の2種類があります。自毛植毛は他の部位でまだ健康な状態を保っている自分の毛を採取して、生やしたい部分に移植します。これに対して人工毛植毛は樹脂などを原料とする人工の毛を植えていきます。

自毛植毛なら仕上がりも自然

この2つの植毛のうち、現在主流となっているのは自毛植毛です。人工毛植毛は価格が安いうえに手術が短時間で済むというメリットがあるのですが、異物を生体内に植え込むため拒否反応が起きてかぶれてしまったりするリスクがあります。これに対して自毛植毛では植えるのは自分の身体組織の一部ですから親和性が高く、定着すれば天然の髪として普通に成長します。自毛である以上仕上がりの自然さは言うまでもありません。 一般的な自毛植毛では、後頭部や側頭部などの比較的薄くなりにくい部分の頭髪を頭頂部や額の生え際などに移植するという方法をとります。従来は周囲の皮膚ごと広範囲に剥がしていましたが、最近では1本ずつ抜き取るように採取するため、傷も目立たないようになってきています。毛は毛包などの発毛組織ごと移植されるため、定着後は最初からそこに生えていたかのように育ちます。